困ったときの現金調達方法について

日本でもキャッシュレス社会が進行して、日常的な出費についても現金を使用しないことが増えてきました。

この場合、クレジットカードでの決済については、引き落とし日に口座に入金されていればよいので、現在手持ちのお金がなくても支払いを行うことができます。

しかし、すべての相手がクレジットカードを扱っているわけではないので、どうしても現金で支払いをする場面はあります。

手持ちの現金について、常に余裕を持って準備が出来ていればよいのですが、急な出費などの場合に困ることがあります。

また、現金での支払いの場合には、その場での支払いが求められることが多いので、必要になってから準備を行うのでは間に合わないことも少なくありません。このような急な現金の出費の準備に便利なのがクレジットカードの現金化です。

クレジットカードの現金化といっても、クレジットカードを売り渡すわけではありません。

クレジットカードの契約は基本的にショッピング枠とキャッシング枠の設定から構成されます。このうち、ショッピング枠については、買い物などの支払いの際に使える限度額であり、キャッシング枠のように現金化できるわけではありません。

ショッピング枠の利用もキャッシング枠の利用も、引き落とし日に使った分と利子の分を支払う点では同じなのですが、このような使い方の制限があります。

仮にそれぞれ10万円ずつの限度額だったとすると、すぐに現金化できるのはキャッシング枠の分の10万円だけということになります。支払いの仕方は同じようなものなので、同じように現金化できれば便利であり、それを実現するのがショッピング枠の現金化です。

これは形式的にはショッピング枠を利用して買ったものを現金化業者に買い取ってもらい、その買い取り価格を受け取るという仕組みです。

これなら、実質的にショッピング枠も現金化できることになるので、急な出費での現金の調達にとても便利な方法です。

コメントは受け付けていません。